頻尿対策は体を冷やさない

頻尿に悪影響を与える要素はいくつかありますが、体の冷えというのは影響の大きい要素の一つです。寒くなってくるとトイレが近くなる、というのは多くの人が感じたことがあるのではないでしょうか?

 

特に冬は寒さを凌ぐために温かい飲み物を頻繁に飲んだりするため、寒さと重なり極端にトイレに立つ回数が増えるでしょう。その温かい飲み物がコーヒーのような利尿作用のあるものなら、なおさらです。

 

季節による気温の違いというのはどうしようもないのである程度は仕方ない部分なのですが、寒い中ろくに着こまずに寒がって頻尿になっているのだとしたらこれはよくありません。頻繁に小出しで尿が出るということは、膀胱や腎臓に負担をかけているということです。

 

できるだけ体を冷やすのは避けましょう。また冬だけでなく、夏でもクーラーが効きすぎて寒いということがあります。クーラーを調節できる権限があれば良いでしょうが、そうでないならばせめて冷風が直接当たる場所だけは避けるべきです。

 

直接冷風が当たると体温が直接奪われ、体が急激に冷えていくため影響が大きいのです。

 

体の冷えによって頻尿が引き起こされている場合、それを我慢するのは逆効果です。特に女性は尿を我慢するとすぐに膀胱炎を発症してしまいます。ですからトイレに行きたくなったら我慢はせず、体を温めることでトイレに行きたくなる回数自体を減らすよう心がけましょう。ちょっとした工夫で改善できることが多いはずです。