女性によくある膀胱炎

女性は膀胱炎の発症例も非常に多いもので、頻尿の原因の多くはこの膀胱炎です。女性に膀胱炎が多い理由は何と言っても尿道が短いという点で、雑菌が尿道を通って膀胱に達しやすいのです。

 

単純に不潔にしている場合はもちろん、トイレに行きたくなってもちょっと我慢しているだけで、溜まった尿の中に尿道経由で雑菌が入り込み増殖して膀胱炎になったりするものです。

 

そもそも尿道は肛門に近いため雑菌が入りやすく、男性と違って尿道の位置自体が肛門と地続きになっていること、また男性の尿道平均20〜25cmに比べ女性の尿道は4〜5cmしか無いことから肛門周辺の雑菌は膀胱に極めて達しやすいのです。

 

この構造上の問題はどうしようもないため、できるだけ肛門や尿道付近を清潔にする、おしっこを我慢しないようにするなどの対策が必要となり、膀胱炎になってしまった場合は速やかに医者にかかり抗生物質などを飲んで対処をしなければなりません。

 

膀胱炎の症状は頻尿の他にも様々な排泄時障害をもたらします。例えば排尿の際に痛みを感じたり、残尿感を感じ何度もトイレに立ってしまったりなどです。

 

頻尿自体は他の要因によっても普通に起こるものですが、排泄時の痛みと残尿感に関しては軽視せず、明らかにこれらが体感できる場合は速やかに病院へいくことが重要です。

 

構造上女性に起きやすい膀胱炎ですが、もうひとつ女性に発生しやすい要因があります。それは便秘です。便秘になるとどうしても雑菌・細菌の量が増え体の内外ともに不潔になりがちです。膀胱炎防止の意味もあり便秘はきちんと解決すべきでしょう。